こんな時はセフレとバイバイ!見極めよう関係解消のタイミング

投稿者: | 2022年3月16日

セフレと一生良い関係を続けていくことは相当難しく、いずれ関係解消をする必要が出てきます。

セフレを作って楽しむためにも、この関係解消のタイミングが重要ポイントの1つで、タイミングを間違えると大変な目に遭うかもしれません。

そこでどんな事が起これば関係解消のタイミングになるのかを詳しくご紹介します。

嫉妬や束縛が出てきたら危険信号

セフレの関係で嫉妬や束縛をされるのはおかしいと思うかもしれませんが、しかしそのような感情が出てきたとしても仕方がありません。

女性は男性に比べて一度セックスすると感情が入りやすく愛のあるセックスを求めている人が多いため、純粋にセフレを求める女性は男性に比べて圧倒的に少ないです。

最初は単なるセフレとして関係を持っていたとしても、回数を重ねるに連れて感情が入ってしまい恋愛関係だと勘違いしてしまう人が実際に多いです。

そうなってくると嫉妬や束縛をする、もしくはしたい感情がでてきてしまい、恋愛関係ではないのに恋人のように接してくるようになります。

それでも良い人ならそのまま続けるのもありですが、純粋にセフレとして楽しみたいと思っている人にとって鬱陶しく関係を続けたくない女性になるでしょう。

限界まで我慢して関係解消する人もいますが、しかし感情を強く持たせてしまうと別れた時にストーカーのような行動をする人がいますので危険です。

ストーカーになるリスク軽減をするためにも、セックスに感情が強くなってきたと感じたり嫉妬が出始めた頃に解消することがおすすめです。

連絡が取れなくなったらすぐに関係解消を

連絡を良くしてきて恋人のようにしてきたらヤバイのですが、連絡が取れなくなった場合も危険があるためすぐに関係解消をしたほうがおすすめです。

連絡が取れなくなった場合に考えられるのが、ただ単にセフレとして興味がなくなったかもしくは何かしらのトラブルが発生したかです。

ただ単に興味がなくなったのならトラブルなく関係解消できてよいのですが、トラブル発生しているのなら厄介です。

セフレに彼氏がいた場合、その彼氏にセフレの存在がバレてしまった可能性があります。

そうなると修羅場に巻き込まれてしまい、警察沙汰になることさえあります。

他のトラブルに巻き込まれている場合も厄介で、関わり解決せざる負えない状況になってしまったらセフレから恋愛関係に発展する可能性が一気に高まります。

彼女にしても良い、彼女を守りたいと思うならそのまま関係と続けても良いですが、セフレとして楽しみたいだけなら関係を絶って新しいセフレを探すのが良いですね。

性病を移されたら関係解消を

セフレの関係で危険性の高い性病をもしそのセフレに移されたのなら関係解消をしたほうが得策です。

恋愛関係ではないセフレでは、どこでどんな人とセックスしているのかは関係ありません。

なので性病を移されたとしてもこれは仕方がないことですが、しかし今後このままセフレの関係を続けていくのはおすすめできません。

性病を移されたということはそれだけ性病対策ができていなかったり不特定多数と関係を持っている証拠で、今後も移される可能性が高いです。

性病だけならまだしも、他の男性とセックスしている時に避妊しているのかどうかすらも怪しく、姙娠トラブルに巻き込まれる可能性も出てきます。

しっかり避妊していたとしても100%避妊できるわけではないので、性病を簡単に移されてしまう女性ほど危険だと判断し関係解消をしましょう。

まとめ

純粋にセックスをして楽しむことができなくなってきたらその時点で関係解消を考えることがおすすめです。

ただ、セフレに対して何を求めているのかで変わります。

恋愛に発展しても良いと少しでも思っているのなら関係解消のベストなタイミングが変わり行動も変わってきますので、まずは自分はセフレに対して何を求めているのかを今一度考えてみましょう。